野性爆弾くっきー! アーティスト活動収入は「ちょっと言いにくいけど…今月入った額でもいいですか」

[ 2020年2月8日 17:36 ]

野性爆弾くっきー!
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「野性爆弾」が8日放送の関西テレビ「モモコのOH!ソレ!み~よ!」(土曜後1・59)にVTRゲストとして出演。大阪時代のエピソードを明かした。

 1994年にコンビを結成したが、その独特な芸風から売れない年月が続いた野性爆弾。そんな大阪時代、いろいろな先輩にお世話になったことを明かし、その1人はたむらけんじ(46)だったという。

 ロッシー(44)は「僕らいっぺんオーディションとかにイチから出直しになったんですよ、言うたら。素人扱いみたいになったときに(たむらが)唯一、『お前ら面白いからずっと使ったる』『会社になんて言われようが野性爆弾はラジオのゲストに出てこい』と」と振り返った。相方のくっきー!(43)も「初めてのラジオと、初めてのイベントに出たのはたむらさんの仕事」とし、たむらは若手の兄貴分であり、何かあったら矢面に立ってくれたと回顧した。

 そんな2人もロッシーの天然キャラ、くっきー!の自由奔放な破天荒キャラで大ブレーク。東京進出するギリギリまでアルバイト生活だったが、収入面も大きく変化した。特に個展開催など、アーティストとしても活躍するくっきー!は、個展の入場料やグッズ売上などでも給料をもらうという。このようなアーティスト収入は“東京らしいビジネス”だとしつつ、収入を聞かれ「金額はちょっと言いにくいけど…今月入った額でもいいですか?」とくっきー!。その後、本気とも冗談ともとれる表情で「9800万円」と返答。これにはロッシーも「めちゃくちゃやなぁ」と笑いながらあきれていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月8日のニュース