藤田ニコル、ステマ依頼は“直”で「いっぱい来る」

[ 2019年11月3日 11:53 ]

モデルでタレントの藤田ニコル
Photo By スポニチ

 モデルでタレントの藤田ニコル(21)が3日、TBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。自身のSNSに大量の「ステルスマーケティング(ステマ)」の依頼が来ることを明かした。

 この日は、お笑いコンビ「ミキ」のステマツイート騒動を特集。この問題は京都市がミキにツイッターで市の施策を発信してもらうために所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシー(現吉本興業)に100万円を支払う契約を結んでいたというもの。ツイートに「#PR」の文字がなかったことから、ステマの可能性が指摘されていた。

 MCの「爆笑問題」田中裕二(54)は、インスタグラムのフォロワーが300万を超えるなど、影響力のある藤田に「ニコるんだったら、1000万円でもPRして欲しいって依頼がくると思うんですけど」と水を向けた。

 藤田は「DM(ダイレクトメ―ル)の欄を開いたら、事務所を通さず個人的にいっぱい来てるんですよ」と“直”で連絡が来るといい「インスタグラマーさんはそうやってやりとりしてるのかな」と推測。「PR」とハッシュタグを添えることについては「PRになった瞬間、見てる人が冷めるっていうのはあります」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月3日のニュース