NHK大河「いだてん」1分短縮放送…チュート徳井の出演シーン極力カット

[ 2019年11月3日 05:30 ]

徳井義実
Photo By スポニチ

 NHKは2日、3日に放送予定の大河ドラマ「いだてん」第41回について、通常43分の放送時間を42分に1分短縮することを発表した。女子バレーボール日本代表の大松博文監督を演じるチュートリアル徳井義実(44)が、約1億2000万円の申告漏れで活動自粛に追い込まれた問題を受け、出演シーンを再編集したため。10月1日に全編の収録が終了しており撮り直しができない状況にあるため、徳井の出演シーンを再編集して放送することが既に同局から発表されていた。

 制作統括の訓覇圭氏はこの日、文書で「再編集にあたっては、視聴者のみなさまに満足していただけるよう、ドラマ全体の流れを損なわないことにもできる限りの配慮をいたしました」と説明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月3日のニュース