ロバート秋山 人気パーソナルヒップトレーナーに“なりきり”革命的「美尻メソッド」披露

[ 2019年11月3日 18:28 ]

「クリエイターズ・ファイルVol.3」出版記念イベントに登場し、一般参加者と2ショット撮影会を行ったお笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次
Photo By スポニチ

 お笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次(41)が様々な怪しいクリエイターに扮して密着取材を受けるという人気連載企画、「クリエイターズ・ファイル」の書籍第三弾「クリエイターズ・ファイル Vol.03」(ヨシモトブックス)の発売を記念して3日、都内で出版記念イベントが開催された。

 このイベントに秋山は、連載でも人気の高かった“3年先まで予約の取れない人気パーソナルヒップトレーナー”MICO(ミコ)に扮して、赤のブラトップ姿で登場。同書を事前予約した先着100人の一般参加者を前に、ズルして美尻を手に入れられると評判のメソッド「ZURU(ズール)」の公開レッスンと、参加者限定撮影会を行った。

 ZURUのメニューは、ほとんど他人の手を借りるベンチプレスや、腹を毎回べったり床につける腕立て伏せなど、いかにもトレーニングをしているようにズルをするというもの。これを続けても当然、体形はまったく変化せず、真面目にトレーニングしているジムの周りの女性と明らかにシルエットの差が出始める。そこで本人が「さすがにこれはマズい」と気づき、改めて脳と体をやる気にさせて美尻を手に入れるという、あまりにも革命的なメソッドと説明。

 同イベントではまず、ZURUのレッスンを受けられるのを楽しみにしていたという2人のモデルを相手に、MICOがその一端を手ほどき。とても効果があるようには見えないわずか数分のメニューだったが、モデルたちは口々に「最高でした」「すでにお尻に効いている気がします」と絶賛。事実、レッスンを終えて会場を去ろうとした彼女たちのお尻にさっそく異変が現れたとステージに連絡が入り、急きょ再登場した二人のお尻は、まるでスパッツの中にあからさまに詰め物をしたかのように、ぷりんと発達。

 さらにイベント後半では、集まった一般参加者のレッスン体験会や、秋山との2ショット撮影会が行われた。

 「クリエイターズ・ファイル」は、ハイブリッド型総合書店hontoのオフィシャルマガジンである「honto+」誌面で連載中の企画。その公式YouTubeチャンネルは、登録者数約48万人、総再生数は約1億回を誇る。

 しかし秋山によれば、「『クリエイターズ・ファイル』はYouTubeの方がメインだと思われているけど、元は連載から始まった企画。連載2年分が詰め込まれた第3弾書籍には、各クリエイターの(YouTube版にはない)より細かい情報も書かれています」とのこと。MICOのほかにも、1日で3億円をだまし取り、逃亡のために顔をいじりすぎてものすごい感じになった魔性の女詐欺師『押上希江』、あまりに透明感がありすぎて撮影してもその姿が映らず、サーモグラフィーでしか見えない清純派女優『藤原采』など、見どころ満載だという。「本当の『クリエイターズ・ファイル』通なら、ぜひ書籍版を読んでほしい」とアピールしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月3日のニュース