嵐 初のYoutube生配信で会見 今後の活動を大発表 SNS公式アカウントを開設 音楽配信も解禁

[ 2019年11月3日 11:30 ]

人気アイドルグループ・嵐
Photo By スポニチ

 人気アイドルグループ「嵐」の大野智(38)、櫻井翔(37)、相葉雅紀(36)、二宮和也(36)、松本潤(36)がCDデビュー20周年の記念日となる3日、都内で「今後の活動」に関する会見を行い、Youtubeで生配信を行った。

 櫻井は「大きな夢の一旦をまずはお伝えしたい」とあいさつ。「僕らの活動をリアルタイムで届けていきたい。20周年を迎えて、今まで以上にファンの方と近くでいたい」(松本)という思いから、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、TikTok、ウェイボー公式アカウントを開設することを発表した。松本は「SNSのスピード感を出していきたい。SNSならではの企画も考えていきたい」と期待をあおった。

 さらに、音楽配信も解禁するとし、デビュー曲、最新シングル「BRAVE」全64曲のシングルに加え、初となる新曲デジタルシングル「Turning Up」を含めた計65曲の配信を本日3日午後7時より開始する。「Turning Up」については、ミュージックビデオも午後9時より解禁。公式Youtubeチャンネルでも同時刻にプレミア公開を行い、メンバーも参加するチャットで盛り上がるという。

 配信解禁について、松本は「ファンの皆様にいつでも僕らの音楽を楽しんでいただきたい。そうすることで、活動休止している間も寂しい思いをせずに楽しんでいただきたい」とファンへの思いからであることを強調。「全世界で楽しんでもらえる環境になるということは先日亡くなったジャニーさんの夢でもあります。自分たちのエンタテイメントを世界中に届けることができる。ジャニーズには素晴らしい先輩、後輩がいます。僕らは期限が決まっています。だからこそ、できることもあると思っています。僕らがやってみて得ることをジャニーズに還元すること。それが僕らができる恩返しです」と力を込めた。

 嵐は10月9日にYoutube公式チャンネルを開設。ジャニーズ事務所に所属するグループのデビュー組では初の試みで、9日の配信後わずか3時間でチャンネル登録者数は20万人、そして10日午後8時すぎに100万人を突破。驚異的なスピードで登録者数を増やした。3日朝の現在で、すでに、190万人を超えている。

 これまで「A・RA・SHI」「Happiness」「Love so sweet」「truth」「Monster」の5曲のミュージックビデオのほか、同局のライブ映像も公開してきた。

 1日には、公式チャンネルで50秒ほどの告知動画をアップ。これまでのCDジャケットが映る中、5人が順番に登場し、「YouTube Live」「Sunday November 3」「11:30」と生配信を告知され、ファンを歓喜させていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月3日のニュース