チュート福田 相方・徳井の騒動をあらためて謝罪「今の感情は複雑。何と表現していいのか」

[ 2019年11月3日 13:21 ]

チュートリアルの福田充徳
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「チュートリアル」の福田充徳(44)が2日放送のレギュラー、KBS京都ラジオ「キョートリアル! ~コンニチ的チュートリアル~」(土曜後10・00)に出演。相方の徳井義実(44)が約1億2000万円の申告漏れで活動自粛となったことをあらためて謝罪した。

 番組冒頭、福田は「私の相方の徳井が本当に納税を怠るというとんでもないことをしでかしてしまいまして、本当にこの度はすみませんでした。申し訳ございません」と謝罪。「正直、僕も、今の感情としまして、いろいろと複雑でして…。腹立たしいというのもありますし、情けないというのもありますし、悲しいというのもありますし…、我々、チュートリアルをずっと応援してくれていたファンの方にも申し訳ないっていう気持ちと、このラジオを楽しみにしてくれた方には謝りたいんですけど、リスナーの方も謝られてもという思いもあるでしょうし、何と表現していいのかわからないような感情です」と複雑な今の心情を吐露した。

 問題が発覚した10月23日。番組収録のため、大阪に向かう新幹線の中でマネジャーからの連絡を受けたといい、そのまま、スタジオ収録2本と、その番組をロケをこなした。当日の様子について「落ち込んではいるし、元気はなかった」と福田。その後、徳井は「とにかく自分の意志でとにかく謝りたい」「誠心誠意、自分のやったことはもう取り返しのつかない、大変なことやけど、とにかく自分の言葉で謝ってくる」と記者会見へ向かった。そして、26日の時点で活動自粛になったと経緯を説明した。

 徳井の会見については「あの記者会見を見ていただいた方はいろいろと思うところがあったと思います。だから、ルーズとかだらしないって言葉では済むようなことではないですし、皆さんがいろいろと思われた厳しい意見を含め、優しい意見も感じたままでいいと思う」と神妙に話した。

 徳井本人からほぼ毎日のように「ごめんな、きょういなくて大丈夫やった?俺いなくて迷惑かけてない?ありがとうな」という内容のLINEが送られてくるというが、福田は「そんなにあいつからLINEがほしいワケではもないし、みんなもつらいんです、こっちも」と吐露。「本人が反省しているのも、後悔しているのもわかってるんですけど。もうやってしまったことがやってしまったことなので、世間の皆さんが許してくれるか、そんなに甘くないことも本人、重々わかっていると思います」とし、番組についても「オープニングで、こんな重々しい空気でこんな話はしたくない。でも、いつも聴いて下さる皆さんだから言っておかないといけないなと思って、させてもらっています」とあらためて謝罪、経緯の説明を行った理由を説明した。

 番組スタート以来、一番の数のメールが届いているとし、「徳井にもしっかりと届けます」と福田。今後の番組については「福田といろいろなゲストを呼んで続けていきます」と継続を明言。また、12月発売予定だった番組本は「いったんなくなりました。申し訳ございません」とした。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月3日のニュース