北乃きい、初ミュージカルで知った独特なルール “全力本読み”に「お金払いたい」

[ 2019年10月21日 22:25 ]

北乃きい
Photo By スポニチ

 女優の北乃きい(28)が21日放送のTBS系「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議SP」(月曜後7・00)に出演。自身が感じたミュージカルの独特なルールについて語った。

 北乃といえば女優としてはもちろん、情報番組の総合司会など幅広く活動を続けているが、今年になってミュージカルにも初挑戦。ただ今までとは全く違う世界に戸惑ったという。

 まず、本読みの時点からドラマとは大きく異なっていた。ドラマでは基本的に座ったままセリフを回していくが、ミュージカルでは、出番が来たら立って本気で歌うことが当たり前。「本読みからこんなに仕上げてくるんだ。お金払いたくなるくらい」と驚いたという。

 次にドラマでは、監督からの指導を1対1で受けるが、ミュージカルの場合は共演者の前でのダメ出しがふつう。「もっと感情使って表現して。舞台を大きく使って!」などと、撮影の現場とはまた違った指示も。「みんなの前で言われるのが、一番キツかったです」と振り返った。

 アイドル歌手から転身したソニン(36)は「私も最初は周りの実力に圧倒されて、全然できなくて。本当に肩身の狭い思いで、がんばろうがんばろうって。(北乃の)気持ちはわかります」と共感を寄せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月21日のニュース