羽生九段と藤井七段が激突 王将戦挑戦者決定L

[ 2019年10月21日 10:08 ]

<第69期大阪王将杯王将戦挑戦者決定リーグ>2手目を指す藤井七段(左)(右は羽生九段)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 将棋の第69期大阪王将杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)挑戦者決定リーグは21日午前10時から、東京都渋谷区の将棋会館で羽生善治九段(49)―藤井聡太七段(17)、三浦弘行九段(45)―糸谷哲郎八段(31)の2局が始まった。

 先手はあらかじめ羽生と糸谷に決まっている。持ち時間は各4時間。

 これまで羽生は2勝、藤井は2勝1敗。羽生が勝てば3戦全勝となって挑戦者争いのトップに立てるが、敗戦の場合は全勝者が消える大混戦となる。

 三浦は1勝1敗、糸谷は2敗でともに3局目を迎えている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月21日のニュース