武井壮“4年後の日本代表”に期待「さらに進化したラグビーが生まれるんじゃないか」

[ 2019年10月21日 22:34 ]

タレントの武井壮
Photo By スポニチ

 タレントの武井壮(46)が21日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月曜後9・00)に出演し、“4年後のラグビー日本代表”に期待を寄せた。

 武井は、前夜行われたラグビーW杯準々決勝で南アフリカに敗れた日本代表について聞かれ、「南アフリカに大差で負けましたけど、予選の4戦で削られちゃってたなというのは感じますね。体格の勝るチームに4戦とも勝ち進んできた代償が大きかった」と感想。しかし「日本のラグビーの方向性は間違ってないと思う」とし、「この大会を見て、より体格の優れた、運動能力の高い子たちが“俺もラグビー日本代表になる”って始めてくれることで、もしかしたら体格の劣らない、今の素晴らしいセンスを持った日本のラグビーをさらに進化させた形のラグビーが、次のフランスの大会で生まれるんじゃないかと期待しちゃいますね」と続けた。

 番組では「ラグビー、にわかファン激増」というニュースから「にわかファンから本当のファンになったことがあるか」をテーマに討論した。タレントの古坂大魔王(46)は「最初は全員にわかファンだからね」とし、格闘技や音楽好きという自身も「一番最初はずっと知ったかぶっていた」と告白。そこから深く知っていくことで本当のファンになるとし、「にわかがいないスポーツではやっているものなんてない」と“にわかファン”に理解を示していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月21日のニュース