ラグビーW杯準々決勝南ア戦 平均41・6%で今年1位 瞬間最高49・1% 桜戦士を日本中が見守る

[ 2019年10月21日 09:33 ]

<日本・南アフリカ>南アフリカに敗れたものの明るい表情で記念写真に納まる日本代表フィフティーン
Photo By スポニチ

 NHK総合で20日に生中継したラグビーW杯の準々決勝「日本―南アフリカ」(後7・10~9・26)の平均視聴率は41・6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが21日、分かった。瞬間最高視聴率は49・1%。日本中が史上初の8強入りを果たした桜戦士たちの夢のベスト4へ向けた熱い戦いを見守った。

 今年放送された全番組を通して、13日に生中継されたラグビーW杯「日本―スコットランド」(日本テレビ、後7・30~9・54)の39・2%(瞬間最高53・7%)を上回り、1位となった。日本の史上初の決勝トーナメントでの戦いが大きな注目を集めた形。NHKは、日本のベスト8入りが決まったことを受け、当初予定していたBSでの放送を取りやめ、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(日曜後8・00)などを休止して、急きょ歴史的一戦を地上波で生中継した。

 瞬間最高視聴率は、午後8時55分の49・1%で、南アフリカのSOポラードがペナルティーゴールを決め、3―14と日本がリードを広げられた場面。試合後(後9・26~9・50)は平均24・1%だった。

 9月20日に生中継された開幕戦「日本―ロシア」(後7・30~9・54)の平均視聴率は、関東地区で18・3%、瞬間最高視聴率は25・5%。同28日にNHK総合で生中継された「日本―アイルランド」の平均視聴率は、関東地区で前半(後4・05~5・08)が15・3%、後半(後5・10~6・31)が22・5%で、瞬間最高視聴率は28・9%。日本テレビで生中継された「日本―サモア」(後7・15~9・34)の平均視聴率は32・8%で、瞬間最高は46・1%をマーク。大会が進むごとに注目度が増していた。

 試合は、日本が南アフリカに3―26で敗れ、ホスト国として迎えた9度目のW杯を過去最高のベスト8で終えた。前半は3―5と食らい付いたが、後半は過去優勝2度の相手に圧倒された。16年秋に就任したジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、49)、17年秋に代表復帰したリーチ・マイケル主将(31=東芝)を中心につくり上げてきた「ONE TEAM」が、日本列島に新たなラグビー文化の種をまき、次の4年へ夢をつないだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月21日のニュース