小木博明 生放送での宮迫への“悪口”を反省? 麒麟・川島は「やり方汚い」

[ 2019年10月5日 10:38 ]

「おぎやはぎ」小木博明
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明(48)が4日、MCを務めるテレビ朝日「アメトーーク!」(木曜後11・15)に出演。レギュラー出演するフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、MCを務める蛍原徹(51)の相方で、吉本興業と契約解消問題が続く宮迫博之(49)をついつい批判してしまったことを“反省”した。

 オジさんあるあるについてトークする中、小木は「生放送でコメントを求められた時に、後先の事を考えずに『とりあえず言っちゃおう』ってなっちゃう。年取ると、もう言っちゃっていいんだろうなって」と“オジさんあるある”を吐露。「それで、結構宮迫さんの悪口も言っちゃったりして、申し訳ないなと思ってたんです、いつも。『バイキング』で。いつも宮迫さんの悪口を言った後に『ああ、変なこと言っちゃったな』って。いつも反省ですよ」と明かした。

 「なんで言っちゃうの?」「反省するってことは思ってないことを言ってる?」と問われると、「年取ると我慢できないの。(本当に思ってるかは)わからないのよ。でも、宮迫さんのこと言っちゃうのよ」と小木。「お世話にもなってるのに、何であんなこと言っちゃうんだろうってことを言っちゃうの。でも、反省するの。宮迫さんの家族の事も考えたりして。なんか宮迫さんの悪口言っちゃうんだよな。(放送が終わるとスイッチを)すぐ外すんだけど、次の週にはまた言ってるの」と首を傾げた。

 続けて「もう合わす顔ないもん、宮迫さんに。変な話、復帰しなくてもいいぐらい思ってる」ともらした小木。そんな自分の“失言”に我に返ったように「これよこれ、これなの!言わなくていいこと言っちゃって、反省。本当はすごい復帰してほしいのに。ああいうこと言っちゃうの、年取ると」と必死の弁明。これには「麒麟」の川島明(40)から「やり方が汚いな」と厳しいツッコミを浴びていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月5日のニュース