北川景子 “23歳差”松重豊との夫婦役に「年齢の差は関係ないんだな」

[ 2019年10月5日 11:07 ]

映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」の公開記念舞台あいさつに出席した(左から)山中崇、濱田岳、松重豊、北川景子、伊東四朗、細川徹監督
Photo By スポニチ

 女優の北川景子(33)が5日、都内で行われた俳優・松重豊(56)の主演映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」(東急レクリエーション)の公開記念舞台あいさつに出席。役柄で年の差夫婦を演じたことについて語り、映画をアピールした。

 同作は男性の妊活を描くヒューマンドラマ。松重は49歳の作家・ヒキタクニオ役で自身初となる主演を務め、北川は一回り以上年が離れた妻・サチを演じた。

 北川は今回、松重と年の差夫婦を演じたことについて話を振られると「松重さんとは何度も共演したことがあったので、どういう人か分かっていたから心配はなかった。心置きなく話せる関係だった」と話し「年齢の差は関係ないんだなと思った」とコメント。

 映画については「不妊治療がテーマとなっていますが、いろんな層に楽しんでいただきたい。シビアで辛い物語というよりは、ハートフルで温かい、家族や夫婦を画いている。不妊治療がどんなものかっていうのを知ることができる教材的な側面がありながらも、笑えるシーンもあるエンタメ作品」とアピール。また、11月7日からは第39回ハワイ国際映画祭での上映が決定し「国境を越えても共感してくれると思う。(世界中に)どんどん作品が広がってほしい」と呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月5日のニュース