【来週のスカーレット】第2週 借金取りに立ち向かう喜美子 5年後、家計を支えるため大阪へ…

[ 2019年10月5日 13:00 ]

連続テレビ小説「スカーレット」第2週は「意地と誇りの旅立ち」。目の前で起こったことに驚き抱き合う喜美子(川島夕空・左)と直子(やくわなつみ・右)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の戸田恵梨香(31)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「スカーレット」は10月7日から第2週に入る。

 朝ドラ通算101作目。タイトルの「スカーレット」とは「緋色」のこと。フジテレビ「夏子の酒」「妹よ」「みにくいアヒルの子」、日本テレビ「ホタルノヒカリ」などで知られる脚本家の水橋文美江氏(55)が朝ドラに初挑戦するオリジナル作品。“焼き物の里”滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとして歩み始める1937年(昭12)大阪生まれのヒロイン・川原喜美子(戸田)の波乱万丈の生涯を描く。来年3月28日まで全150回。

 主題歌は「愛をこめて花束を」「タマシイレボリューション」などで知られる越智志帆(35)のソロユニット「Superfly」のオリジナル曲「フレア」。Superflyが朝ドラの主題歌を制作し、歌うのは初。語りはNHKの中條誠子アナウンサー(46)。ドラマの語りを務めるのは初となった。

 第2週(10月7~10月12日)は「意地と誇りの旅立ち」。

 家族と一緒に信楽に引っ越してきた喜美子(川島夕空)。半年が過ぎ、不在の父・常治(北村一輝)を訪ねて、大阪から二人組の借金取りがやってくる。母・マツ(富田靖子)とともに立ち向かう喜美子。借金取りを怒らせてしまうが、間一髪で草間宗一郎(佐藤隆太)の柔道によって助けられる。それをきっかけに喜美子たち信楽の子供たちは、柔道を習うことに。貧しいながらも明るくたくましい、喜美子の毎日が過ぎていく。5年後、喜美子(戸田)は15歳。中学卒業を控えていた。相変わらず絵が得意で、成績は良いものの、高校に進むことは常治が許さない。喜美子には苦しい家計を支えることが求められていた。照子(大島優子)の家である、丸熊陶業に就職するはずだったが、直前に断られてしまう。今後を思い、落ち込む喜美子。すかさず常治が喜美子のために見つけてきた新たな仕事先は、故郷の大阪だった。喜美子は驚くが、きっぱりと受け入れる。卒業式の後、喜美子は照子と信作(林遣都)と、最後の楽しい時間を過ごす。信楽を去りたくない思いがこみあげるが、大阪行きは避けられない。旅立ちの前日、夕日の美しい山の上で喜美子は、信楽焼のカケラを見つける。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月5日のニュース