小籔千豊 新番組に“ダメ出し”「このメンバーどやねん」

[ 2019年10月5日 08:39 ]

MBSテレビ「よしもと新喜劇NEXT~小籔千豊には怒られたくない~」で、小籔千豊(前列左端)を笑わせようとする吉本新喜劇のメンバーら17人
Photo By 提供写真

 9日にスタートするMBSテレビの新番組「よしもと新喜劇NEXT~小籔千豊には怒られたくない~」(水曜深夜2・30)は吉本新喜劇座長・小籔千豊(46)がMCを務める企画トーク番組。吉本新喜劇の座員、ゲストが「小籔にプレゼン!」と題して、「これなら語れる!」というとっておきのネタを小籔、視聴者に熱く語る。第1回のゲストは月亭八光(42)。

 座長を交えた新喜劇座員16人。集まったメンバーを見るなり小籔は「このメンバーどやねん。タイトルにも引きがない」と自らダメ出し。今回は「小籔にプレゼン」と題し、新喜劇座員がとっておきのネタを披露する。話の途中でも小籔が自由にダメ出し。本当に面白くないと思ったら、即、終了という座員たちにとって一寸先は闇の恐ろしいプレゼン企画だ。「ここでビビッてしまうようじゃ、どうしようもない」と小籔は語った。

 勇気をもってプレゼンするのは「(小籔に)怒られ過ぎて、怒られてる感覚がなくなってる」とすっちー(47)が評する今別府直之(47)。プレゼンテーマはなんと「貸金庫のすすめ」。 貸金庫の良さを熱弁する今別府のトークは、果たして小籔に響くのか。また、キングコング・西野亮廣(39)を心から尊敬する佐藤太一郎(41)は「オンラインサロンはじめませんか?」をテーマにオンラインサロンの素晴らしさを熱弁する。

 次々登場する座員に容赦なく飛び出す小籔のダメ出し。「ダサい」「しゃべり方が早い」「ここの知ってるスタッフの前でウケても、いざ、チャンスもらった番組で滑ったら、2度と地上に上がれない闇芸人になる」「練習したというのは、才能がないのをテレビで言うてるようなもん」。小籔の言葉が座員たちを切り裂いていく。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月5日のニュース