松岡茉優 映画「蜜蜂と遠雷」に自信の笑み「新しい音楽映画ができて誇り」

[ 2019年10月5日 05:30 ]

舞台あいさつを行った(左から)松坂桃李、松岡茉優、森崎ウィン、鈴鹿央士
Photo By スポニチ

 女優の松岡茉優(24)、俳優の松坂桃李(30)らが4日、都内で映画「蜜蜂と遠雷」の初日舞台あいさつを行った。直木賞と本屋大賞を史上初めてダブル受賞した恩田陸さん(54)の同名小説が原作で、若きピアニストたちが世界への登竜門となる国際コンクールでしのぎを削る物語。

 コンクールに再起を懸ける元天才少女役に挑んだ松岡は「たくさんの奇跡が重なって今日があります。全く新しい音楽映画ができて誇りに思う。ぜひ体感してください」と自信の笑みを浮かべた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月5日のニュース