さんま 宮迫との会食を明かす「会わなあかんかったから…」

[ 2019年9月29日 15:15 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(64)が28日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。吉本興業と契約解消問題が続く雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と最近、会食したことを明かした。

 自身の個人事務所で宮迫を預かる意向を示しているさんまは先週、米ニューヨークに約1週間滞在し、同所に留学中のピース・綾部祐二(41)や芸能活動を休養中の小出恵介(35)らと会ったことを報告。「あっという間の1週間で。(帰国して)ホッとして、ほんなら宮迫と会わなあかんかったから、宮迫とご飯食べに行って」と告白した。その後、「宮迫、今ボランティアで子ども食堂に手伝いに行っている」と宮迫が継続的に「子ども食堂」で活動していることも話した。

 小出はネットフリックスのドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」にさんま役で出演予定だったが、不祥事で降板しドラマは撮り直しに。「別に小出ともめたわけじゃないやんか。小出自身に個人的な恨みはないわけやから。ケンカしたわけでもないし。小出も一生懸命やってくれたし」と気遣った。“暴露トーク”の連発に、共演した村上ショージ(64)から「そんないっぱいしゃべって大丈夫ですか? 勢いあまって全部が全部しゃべらなくていいんじゃないですか?」とツッコまれると、「なんでやねん! ご飯食べたってだけやし!」と豪快に笑い飛ばしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月29日のニュース