ヒロミ「俺が死んだら結構いいよ」 遺産相続の話に妻・松本伊代の反応は…

[ 2019年9月29日 10:50 ]

タレントのヒロミ
Photo By スポニチ

 タレントのヒロミ(54))が29日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。家族への遺産相続について言及した。

 番組では、和歌山県田辺市議会が、「紀州のドン・ファン」と呼ばれた資産家で昨年5月に急性覚醒剤中毒で死亡した同市の酒類販売会社の元社長野崎幸助さん=当時(77)=から遺産の寄付を受けるための関連費用6540万円を含む一般会計補正予算案を可決したことを特集。

 これを受け、家族への遺産相続について問われたヒロミは「まだ全然考えていない」。すると、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(56)が「でもヒロミの場合は伊代ちゃんの財産もある」と、ヒロミの妻・松本伊代(54)について触れた。ヒロミは「ママにはちゃんと言ってるよ。俺が死んだら結構(遺産が)いいよ」と伝えているそうだが、伊代からは「やだ。パパ死ぬなんて言わないで」と返されたという。

 一方で子供たちは「この家、俺がもらえるのかな」という雰囲気があると明かした。MCの東野幸治(51)が「書面か、ちゃんと言っといた方がいいんじゃないですか?」と促したが、ヒロミは「やらないとは言ってる」と続けた。

 共演者で元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(53)が「ヒロミさんは公証役場行った方がいいですよ。伊代ちゃんは言葉で伝えても、違うようにはき違えてる可能性があるんですよ」と指摘すると、ヒロミは「俺が言う分にはいいけど、お前が言うなよ」と痛烈なツッコミを入れ、笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月29日のニュース