羽生善治九段 独自のAI観を披露「絶対値ではなく近似値」将棋界におけるAIとの関連性も説明

[ 2019年9月29日 15:49 ]

落合陽一氏(左)と対談する羽生九段(撮影・我満 晴朗)
Photo By スポニチ

 将棋の羽生善治九段(49)が29日、東京・六本木ヒルズで行われたイベント「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2019 supported by CHINTAI」で落合陽一筑波大准教授(32)と対談した。

 「AIと人類の未来」をテーマに約40分マイクを握った羽生は「将棋でも序盤はソフトでの研究が進んでおり、意外にも昔流行した形がまたはやるようになった」と将棋界におけるAIとの関連性を説明。「ただAIは絶対値ではなく近似値。それを参考にどこを掘っていくかは人間のセンスが問われますね」と独自のAI観を披露した。

 落合氏にはAIの発展とビジネスの関係などについて鋭い質問を連発。白熱した対談は結論にたどり着く前に時間切れとなった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月29日のニュース