吉沢亮 上田晋也に「トラウマ」 数年前に「役者辞めちまえ」と言われ 

[ 2019年9月29日 23:00 ]

イケメン俳優の吉沢亮
Photo By スポニチ

 2021年の大河ドラマの主演に決定し、大ブレイク中の俳優、吉沢亮(25)が29日放送の日本テレビ「おしゃれイズム!」(日曜後10・00)に出演、MCの「くりぃむしちゅー」上田晋也(49)に対し「トラウマがあった」ことを告白した。

 オープニングで上田が「来てくれんかと思ったから」と切り出し、「俺のことすげえトラウマなんだって」と話しかけた。

 吉沢によると、5、6年前のバラエティー番組で共演した際、上田から「お前なんか役者辞めちまえ」と言われたのがきっかけだったという。

 「ちゃうちゃう、そこだけ言うな」と慌ててさえぎった上田が説明したところによると、「(吉沢が)セリフ覚えるのが苦手なんです。全然、覚えられないんですよ」と言うから「俳優、辞めちまえって…ツッコミだよ。そしたら本気にしてずっとトラウマだったんだって」。

 「で、相変わらず、俺のことトラウマなの?」との質問には、吉沢は「若干…」とぼそり。

 吉沢は端正な顔立ちが特徴で女性誌が選ぶ「国宝級イケメンランキング」では1位に輝いたことも。今年は話題の超大作映画「キングダム」に出演したほか、NHKの朝ドラ「なつぞら」でヒロインなつの幼なじみ、山田天陽を演じ、全国に人気を広げた。2021年の大河ドラマ「青天を衝け」では、主人公の実業家、渋沢栄一を演じる。

 上田が「ああいうのって急に言われるの?決まったからって?」と聞くと、「ホント急でしたね。発表の1カ月半くらい前にマネージャーさんにいきなり決まったと聞いた」と明かした。

 吉沢は「えっ、大河って別の枠があるのって」とはじめは信じられなかった。「だってあの大河って思わないから。プレッシャーですか? メチャクチャありますね。歴代の主演の人たち、すごい人たちばかり、自分でいいのかな、と」

 このあと、「ラーメン愛」に目覚めて3日に1回はラーメンを食べ歩いているという吉沢の意外な素顔などが紹介され、収録は和気あいあいの雰囲気で進んだように思えた。

 番組の終わりに、上田が「俺へのトラウマ、だいぶ消えた?」と聞いたところ、吉沢は首を傾げるだけ。「まだかい!」と上田。サブMCの森泉(36)は「根深いね」と言い放った。

 吉沢が「緊張しちゃって踏み出せなかった」と言うのを聞いた上田は「オープニングから撮り直しだ!」とブ然としていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月29日のニュース