小泉環境相の「セクシー」発言に宮崎謙介元衆院議員「環境省の官僚は怒ってんじゃないかな」

[ 2019年9月29日 11:05 ]

爆笑問題の太田光
Photo By スポニチ

 小泉進次郎環境相が外遊先のニューヨークで気候変動問題について「楽しく、クールで、セクシーに取り組むべきだ」と発言したことに対して、元衆院議員の宮崎謙介(38)が29日のTBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)で「多分、今回のことでね、環境省の官僚は怒ってんじゃないかな」と持論を述べた。

 同じく元衆院議員で夫人の金子恵美氏(41)と国会議事堂前からVTR出演。番組ではおなじみとなりつつある“散歩中の体裁”でコメントし、「俺らが用意したペーパー(資料)、あれ用意するまで徹夜でやっているはずなんですよ」と答弁書の作成者の気持ちを代弁!? した。

 さらに「それぐらい(時間をかけて)準備しているはずなのに『何で読まないで、しかも勝手な発言しちゃうの』って、思っている官僚は多いと思います」と指摘。

 金子氏が「最近3歳の息子が、私が言ったことに対して話題をすりかえてくるので…『お前は進次郎か』って言うようにしています」と皮肉交じりに話しだすと、宮崎氏は「やめなさい」と夫人を制止した。

 夫妻のやりとりに、番組MCで爆笑問題の太田光(54)は、やや引き気味。「宮崎謙介夫妻は何で常に国会前を散歩しているの?」と、演出だと知りながらわざとボケた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月29日のニュース