坂本九さん「上を向いて歩こう」口笛曲が話題 アヴィーチーさん遺作CDにサンプリング

[ 2019年8月12日 05:30 ]

アヴィーチー氏の追悼アルバム「ティム」のジャケット
Photo By 提供写真

 1985年8月12日の日航機墜落事故で亡くなった坂本九さん(享年43)の命日を迎え、注目を集めている洋楽曲がある。昨年4月に自殺したスウェーデン出身のDJ、アヴィーチーさん(享年28)の「フリーク」。今年6月発売の遺作アルバム「ティム」に収録されている一曲で、九さんの「上を向いて歩こう(SUKIYAKI)」の口笛がサンプリングされている。

 この曲はデジタル配信でも販売されているが、全世界の総ダウンロード数の55%が日本からの購入。販売元のレコード会社は「通常は日本の割合は5~15%のため、いかに突出して関心を集めているのかが分かります」としている。

 アヴィーチーさんはエレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)の先駆者として知られる世界的DJ。「フリーク」の制作は2017年ごろで、スタジオで突然「上を…」のメロディーをピアノで弾き始め、曲中に取り入れたという。昭和の名曲が“天国のコラボ”によって令和でも話題となった形だ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月12日のニュース