松本人志「最悪の状況からはちょっと脱出できたのかなぁ」

[ 2019年8月12日 05:30 ]

「ダウンタウン」松本人志
Photo By スポニチ

 ダウンタウンの松本人志(55)が11日に放送されたフジテレビ「ワイドナショー」で、闇営業問題に端を発する吉本興業の騒動について「一時の最悪の状況からはちょっと脱出できたのかなぁ」と事態が収束に向かっているとした。

 同社が導入する「専属エージェント契約」について、極楽とんぼ加藤浩次(50)の提案を大崎洋会長に伝えた松本は「全然たいしたことしていない」と謙遜。相方の浜田雅功(56)を引き合いに出し「浜田よりは頑張りました」と笑わせた。

 同じく事態の収拾に動いてきた明石家さんま(64)は10日夜のラジオ番組で、吉本から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)について「預かることになりそう」と個人事務所に受け入れる意向を示した。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月12日のニュース