安倍首相 三谷監督と懇談 映画の感想は「記憶にございません」

[ 2019年8月12日 05:30 ]

三谷幸喜監督(左)と懇談した安倍晋三首相
Photo By スポニチ

 安倍晋三首相(64)が11日、都内で映画「記憶にございません!」(9月13日公開)の試写を観賞し、三谷幸喜監督(58)と懇談を行った。

 国民から「史上最悪のダメ総理」と呼ばれる主人公(中井貴一)が、記憶を失ったのをきっかけに良い総理に生まれ変わる物語。安倍首相は三谷氏から感想を聞かれ「記憶にございません!」とジョーク。劇中に消費税増税があり、自身も10月から消費税を10%に引き上げるため「ちょっとかすってましたね」と笑顔で語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月12日のニュース