長嶋一茂 結婚指輪を作らなかったワケ 結納金は「キャッシュで俺が200万円、お袋が…」

[ 2019年8月12日 10:47 ]

長嶋一茂
Photo By スポニチ

 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(53)が9日、テレビ朝日「ザワつく!金曜日」(金曜曜後8・57)に出演し、結婚に指輪を作らない理由を語った。

 既婚者の長嶋だが「もともと結婚指輪を作っていない」と告白。「台所仕事をしてる時に指輪がとれる可能性が高い」と言い、それが原因でけんかに発展した夫婦も見てきた長嶋は「俺らいるかな?」と妻に相談。同調を得た結果、「けんかの材料になる可能性があるからやめた」と作らなかった理由を明かした。

 また「プロポーズはしてないし、されてもいない」とも。妻の地元・鹿児島に「挨拶に行くわ」という言葉で、結婚する意思表示をし「キャッシュで俺が200万円、お袋が200万円」の結納金も包んだことを打ち明けた。

 バイオリニストの高嶋ちさ子(50)は、夫が実家に結婚の挨拶に来た時のエピソードとして「うちは返品がきかないからね」と父親が放った衝撃の一言を回顧。さらに結婚式では「高嶋家の皆様、今まで本当にご苦労さまでした。新しいご家族の皆様、これからは大変だと思いますが…」と友人がジョーク交じりのスピーチを披露していたことも振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月12日のニュース