武田真治「時代とズレてきた」 加藤浩次との「めちゃイケ」ノリに思わず…

[ 2019年8月12日 13:32 ]

武田真治(左)と加藤浩次
Photo By スポニチ

 俳優の武田真治(46)が12日放送の日本テレビ「スッキリ」(月~金曜前8・00)にVTR出演。フジテレビ「めちゃめちゃイケてるッ!」で22年間共演してきた盟友・お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)とのじゃれ合いに「僕ら時代とズレてきた」と口走る場面があった

 武田は事務所の後輩でもある俳優の竹内涼真(26)と加藤のロケ企画「コージとリョーマの2人だけでの海キャンプ」にスペシャルゲストとして参加。加藤は武田について「筋肉太郎が一番人気になって、一番スケジュールが取れない」とボヤキつつ、「タイトなスケジュールで筋肉太郎が来てくれました」と笑顔を浮かべた。

 ビーチで武田を見つけると、自慢の筋肉を触りまくる加藤に、武田は「気安く触られてますけど、国民的筋肉ですので」とキッパリ。それでもじゃれ合いを続けた加藤は、久しぶりの共演に「毎週火・水で会ってたから。久しぶりでうれしいのよ」としみじみ。武田も「それで22年間。太陽の下で会うのが久しぶり」とニッコリ。その後も、武田のタンクトップを何度もずらすなど、ちょっかいを出し続け、笑顔でじゃれ合う2人の姿に、竹内も「この感じテレビで見ましたから」と目を細めた。

 しかし、加藤は「ほら、笑ってんの俺らだけじゃん。何このおっさんのじゃれつき」と周囲との反応との差に思わずポロリ。それでも、武田は「楽しいっすね」と満面の笑み。ただ、やはり周囲との温度差は感じたようで「この楽しさ、僕ら時代とズレてきた」と「めちゃイケ」ノリへの本音をポロリ。加藤も爆笑し、「もう一周してくるの待とうぜ!」と笑った。

 VTRを見守り、「楽しかったですよ」と加藤。「まったく気をつかわないような昔からの仲間で行くような…」ともらすと、お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(36)が「その感じが出過ぎて、筋肉太郎さんと2人の時は時が止まってた」とツッコミも。加藤も「ロケ前にじゃれ合いみたいなのを見せちゃって…」と苦笑いしきりだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月12日のニュース