石井ふく子氏、京マチ子さん死去悲しむ「あんな素敵な大スターもう出てこない」

[ 2019年5月14日 18:16 ]

京マチ子さん(中央)右は石井ふく子氏、左は赤木春恵さん(2006年撮影)
Photo By スポニチ

 女優の京マチ子さん(本名・矢野元子=やの・もとこ)が12日午後0時18分に心不全のため死去した。95歳だった。大阪市出身。14日に東宝が発表した。

 生前の本人の遺志により、石井ふく子氏(92)ら数名の友人の立ち会いのもと、この日密葬が執り行なわれた。石井氏によると、数年前に京さん自身が手配した、大好きだったハワイの墓に納骨する。

 京さんは1924年3月25日生まれ。「羅生門」「雨月物語」など数々の映画に出演したほか、石井氏演出の舞台作品「喜劇離婚」(80、85年)「大家族」(84年)「夕やけ小やけでまだ日は暮れぬ」(90、02年)にも出演した。

 最後の舞台出演は「女たちの忠臣蔵」(06年9月)の瑤泉院役だった。

 京さんと同じマンションの別部屋に住んでいた石井氏は東宝を通じてコメントを発表。「あんなに素敵な大スターはもう出ていらっしゃらないと思います。心の美しい本当に清らかな方でした。寂しいです」と悼んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月14日のニュース