今井華「しくじり先生」で反省 ギャル語“バイブス”流行も「今は死ぬほど嫌いな言葉」

[ 2019年5月14日 21:06 ]

モデルの今井華
Photo By スポニチ

 モデルの今井華(26)が13日深夜放送のAbemaTV「しくじり先生俺みたいになるな!!完全版」に出演。自身の過去の過ちを振り返った。

 雑誌「egg」でモデルデビューし、人気番組「テラスハウス」にも出演するなどギャル界のカリスマとなった今井。クラブで遊んでいた頃に知った“気分”や“雰囲気”を表す「バイブス」という言葉をはやらせ、2013年には「ギャル流行語大賞1位」を獲得。バラエティー番組にも引っ張りだこだった。

 だが、「バイブス」をはやらせた今井は「現在、私にとって“バイブス”は、死ぬほど嫌いな言葉なんです。今“バイブス”と聞いただけでも鳥肌が立った」と発言し、生徒たちはビックリ。さらに今井は「“バイブス”という言葉が異常に嫌いになり、聞くと身体が拒絶反応を起こす“バイブス恐怖症”になってしまった」と打ち明けたが、担任役の「オードリー」若林正恭(40)から「勝手にはやらせて、勝手に恐怖症になって。勝手だな!」と突っ込まれて苦笑い。スタジオの笑いを誘った。

 “バイブス恐怖症”になってしまった今井は、テレビの仕事も嫌になってしまい、自ら出演を断っていた結果、2014年には97本あったテレビ出演が、去年の出演数はたったの3本に。そんな今井は「見た目だけで個性を出そうとした」「ルールを破って目立とうとした」「普通を嫌がり勝手に追い込まれた」といった自身の“3大しくじり”を明かすとともに、同じように若者が“黒歴史”を作らないよう人生の教訓を熱く語った。

 番組ラストには「私はとにかく普通が嫌いで、普通を避けてきた結果、しくじってしまいました。私みたいな方は特にティーンにいらっしゃるかと思います。そんな若者にこの言葉を贈ります。“あせるな!イキるな!誰1人同じ人間なんていない。あなたが生きているだけで個性”。他人の目を最優先していた結果、自分がダメになりしくじりました。なので10代は、自分の心を最優先にしてほしいと思っています」と語り、授業を締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月14日のニュース