テミン 初写真集の沖縄ロケ満喫「アグー豚にハマって…」

[ 2019年4月17日 19:30 ]

初の写真集「PORTRAIT」(幻冬舎)の発売記念イベントを開いた「SHINee」のテミン
Photo By スポニチ

 韓国男性グループ「SHINee」のテミン(25)が17日、都内の書店で初の写真集「PORTRAIT」(幻冬舎)の発売記念イベントを開いた。初の写真集が4月8日付オリコン週間“本”ランキング「写真集」部門初登場1位を記録したことについて「信じられないくらい嬉しかったですね」と喜びを語った。

 写真集は「仕事に疲れて逃げ出したテミンっていう姿をコンセプトに作ってみましたが、休みみたいな旅行みたいな時間だった」とニッコリ。「自分らしい自然な姿が撮れたと思います」と満足の仕上がりだったと報告した。

 撮影は昨年11月に過密スケジュールの日本ツアーの真っ最中に沖縄本島で敢行。「撮影以外でもスタッフさんたちといろんな食べ物食べたり、スキューバダイビングもやってみたり。沖縄の景色がすごくよくて、夕暮れとかみながら、休憩しました」。さらに「アグー豚にハマってしまって、最近も東京で探してます」と微笑んだ。

 6月8日から始まる初のアリーナツアーについては「プレッシャーも持っているし、期待して見に来てくれるファンの皆さんにも、僕がもっと成長した姿に満足してもらえるように頑張りたいです」と意気込んだ。さらに今後は「いままで見せたパフォーマンスとか音楽性、ファッションとかもテミンらしかったんですけど、変化があってほしいですね。25歳なので、大人になったテミンっていう姿を見せたい」と新たな挑戦についても語った。

 よどみなく流ちょうな日本語で質問に答えるテミンは「マネジャーやスタッフさんからけっこう厳しく日本を教えてもらって」ここまで上達したという。「これからも日本で活動するつもりなので、いつかはもっとちゃんと言いたいことが言えるようになりたい」とし、「ファンの方の日本語の手紙もすぐわかるようにしたい」と目標を掲げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月17日のニュース