爆問・太田 ぜんじろうとのバトル収束を希望「一回チャラにしようや」

[ 2019年4月17日 15:00 ]

お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(53)が、16日深夜放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」(火曜深夜1・00)に出演。呼び捨て問題で対立している、お笑いタレント・ぜんじろう(51)について、騒動の収束を希望した。

 問題の発端は、7日放送のTBS系「サンデージャポン」(前9・54)の中で、ピエール瀧被告の事件に関連してツイートしたぜんじろうについて、「ぜんじろうは相変わらず厄介だね」と発言したこと。呼び捨てにされたぜんじろうがツイッター上で不快感を表明し「先輩・後輩騒動」へと発展した。

 太田は、14日放送の「サンデージャポン」の中で、16日のラジオでの決着をつけるためにオファーを出すと声高に宣言。ぜんじろうも直接対決を受ける意向を見せていたが、ラジオ放送時にはぜんじろうが台湾にいることが判明し、肩透かしをくらった。

 番組冒頭から「ぜんじろう、てめえこの野郎!」と声を荒げたが、直後に「ほんとにもうさ、勘弁してくれよ。あいつに対して何に怒っているかわからん、最近。この泥仕合いい加減にしたい」と本音をぽろり。

 また、最近、ツイッターでの発言を待ち望むなど、ぜんじろうのことが気になっていたようで「一日中ぜんじろうのことを考えていて、いい加減ノイローゼ。ほんとにつらい。どっちが先とか、精神衛生上よくない。決着つけたい。終わりにしたい」と率直な心境を告白した。

 また、先週放送の番組内で、ぜんじろうに浴びせた罵詈雑言についても、失言を認め、最後には「先輩後輩どうでもいいじゃねえか、一回チャラにしようや、一回忘れてさ、昔の関係は。お互いだって認識が違うんだから。で、チャラにして、もう一回、一から俺とお前の関係を作り上げればそれでいいじゃねえか」と呼びかけ、騒動の収束を求めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月17日のニュース