石野卓球 電気グルーヴは「どっちか死ぬまで解散ない」

[ 2019年4月17日 05:30 ]

「電気グルーヴ」の石野卓球
Photo By スポニチ

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴されたピエール瀧被告(52)と音楽ユニット「電気グルーヴ」を組む石野卓球(51)が16日、自身のツイッターで「どっちかが死ぬまで解散はないよ」とした。

 瀧被告の事件後、解散を明確に否定するのは初めて。「というか、解散の仕方が分からない」とも続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月17日のニュース