「イタリアンの鉄人」神戸勝彦氏が転落死 49歳 同じ恵比寿に店舗 鎧塚俊彦氏追悼

[ 2019年3月20日 19:15 ]

神戸勝彦氏
Photo By スポニチ

 1993~99年にレギュラー放送されたフジテレビの人気バラエティー番組「料理の鉄人」に“イタリアンの鉄人”として出演したイタリアンシェフの神戸勝彦(こうべ・まさひこ)氏が14日午前10時15分、転落事故のため死去したことが20日、分かった。山梨県出身。49歳。葬儀・告別式は親族で執り行う。

 大学卒業後、西麻布のアルポルトで修業し、渡伊。約3年間、フィレンツェのエノテカピンキオーリで修業し、パスタの部門シェフとなった。

 97年、和・洋(フランス)・中に次ぐ第4の鉄人として「料理の鉄人」に登場。「パスタのプリンス」のキャッチフレーズで呼ばれた。2000年、東京・恵比寿にオーナーシェフを務める「RISTORANTE MASSA」をオープン。神戸さん亡き後も店の営業は続けるという。

 パティシエの鎧塚俊彦氏(53)はフェイスブックで「あなたほど優しく愛情にあふれ、腕も立つ料理人はいませんでした恵比寿では先輩でしたが、年齢は私より4つも下ではないですか。早すぎます」と追悼した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月20日のニュース