TBS古谷有美アナ、寝坊しちゃった…木梨ラジオ生放送欠席

[ 2019年3月3日 05:30 ]

TBSの古谷有美アナウンサー
Photo By スポニチ

 TBSの古谷有美アナウンサー(30)が2日、アシスタントを務めるTBSラジオ「土曜朝6時木梨の会。」(土曜前6・00)の生放送を欠席した。同局は「起床時間に起きられませんでした」と寝坊が原因だったことを明かした。「詳しくは来週の放送でお話しさせていただきます」としている。

 この日の放送では、パーソナリティーを務める木梨憲武(56)が番組開始から約20分後に「古谷アナがなんと、まだ到着していない」と報告。結局、連絡が取れないまま番組は終了した。木梨は「ただの寝坊だったらいいんですけど」と心配していた。

 同局関係者によると、番組終了後に連絡がつき、古谷アナは謝罪し猛省。木梨にも謝ったという。番組もツイッターで「事故や病気でなく無事に捕まりました」と説明した。

 アナウンサーが寝坊で番組を丸々休むのは異例。古谷アナをよく知る同局関係者は「プロ意識が高い人。信じられない」と驚きを隠せない様子だった。

 一方、テレビ局関係者は「週1回のラジオ番組だと寝坊の危険性はあるかもしれない」と話す。その理由として「帯番組なら早起きが習慣になるが、週1回ではなかなか身につかない。スタッフが“起きましたか?”などと確認する態勢が整っているテレビと違い、ラジオはそれもない」と説明。また、メークをする必要がないため番組開始直前に局入りする人も多く、スタッフがギリギリまで遅刻に気づかない面もあるという。

 仕事に真面目で「おじさまキラー」と評判の古谷アナ。同局関係者は「愛されキャラなので、来週の放送では相当、木梨さんにいじられるんじゃないでしょうか」と話した。

 《宮崎アナ、自らの記事読み上げ》フジテレビの谷岡慎一アナ(32)は昨年7月5日の朝の情報番組「ノンストップ!」を寝坊で欠席。その後、100人近くのスタッフの前でプロデューサーに公開説教されたと報じられた。07年には、当時日本テレビの宮崎宣子アナ(39)が朝の情報番組「ラジかるッ」に寝坊で2度遅刻。2度目の遅刻だった12月11日の翌日の放送では、スポーツ紙に掲載された遅刻の記事を自ら読み上げた。

 ◆古谷 有美(ふるや・ゆうみ)1988年(昭63)3月23日生まれ、北海道出身の30歳。11年に上智大外国語学部英語学科を卒業し、TBSに入社。同年「Nスタ」にレギュラー出演。14年から「NEWS23」でスポーツキャスターを担当。現在は「ビビット」「上田晋也のサタデージャーナル」などに出演。趣味は旅行、映画観賞。TOEIC890点。血液型B。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年3月3日のニュース