ベッキー、避けると思われていた「1月結婚」を決意した意味

[ 2019年3月3日 10:00 ]

ベッキー(左)と巨人・片岡治大コーチ
Photo By スポニチ

 【覆面座談会】芸能界では衝撃のニュースが続いています。タレント堀ちえみ(52)が舌がんとの闘病を発表。7人の子供のママとしてエネルギッシュに活躍していただけに驚きの声も上がる一方でエールがやみません。他のニュースでは、不倫騒動を乗り越えたベッキー(34)の結婚、人気女子アナの相次ぐフリー転身発表などがありました。いつもの覆面メンバーが裏側に迫ります。

 リポーター ベッキーの結婚も驚いた。スポニチの報道を受けて交際宣言したのが昨年6月。こんなに早くゴールインするとは思わなかった。

 週刊誌記者 相手は巨人の片岡治大ファーム内野守備走塁コーチ。現役時代に4度の盗塁王に輝いた「スピードスター」が交際から8カ月の「スピード婚」ということで球界でも話題になったね。

 ワイドデスク 昨年末の情報番組でスポニチは「2019年に結婚しそうなカップル」に真っ先に挙げていたよね。

 本紙デスク 2人は同棲しながら新居を探していた。片岡コーチが巨人の選手や関係者と食事をする時にベッキーが同席することも多くて、昨年末の時点ですでに新婚カップルのような雰囲気だった。

 リポーター 1月中旬にイタリアに旅行に行っていたよね。ベッキーは現地で撮った写真を1、2週間後に時間差でインスタグラムにアップしていた。ベッキーが写真の撮影者とワイングラスで乾杯しているショットがあるんだけど、あれってどう考えても撮ったのは片岡コーチだよね。

 ワイドデスク 間違いないでしょ。隠しきれないラブラブ感が伝わってきたよ。片岡コーチが2月から春季キャンプに入る前に結婚して、そのタイミングで“新婚旅行”に行ったんじゃないかな。結婚したのは1月。詳しい日取りは明かしていないね。

 週刊誌記者 ベッキーの「1月」といえば、「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との不倫が週刊文春に報じられて、活動を休止したのが2016年1月。それだけに“悪夢”の1月だけは結婚を避けると思っていたんだ。

 本紙デスク もう乗り越えたっていうことじゃないかな。不倫騒動の後に「皆さんに応援される恋愛がしたい」と公言して、10年来のベッキーファンだった片岡コーチと出会った。周囲にもファンにも応援されてオープンに付き合ってきて、悪夢を払しょくするだけの本物の幸せをつかんだんだろう。

 週刊誌記者 不倫騒動で3カ月の休業中には料理修業をしていた。結婚したことで料理が得意な主婦としての新たな一面を見ることもできそうで楽しみ。

 ワイドデスク 最近は徐々にバラエティー番組にも復帰している。仕事が軌道に乗り始めている中で私生活を変えるのは挑戦でもあるだろうけど、どん底を経験しただけに公私で幸せをつかんでほしいね。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年3月3日のニュース