稲垣吾郎、嵐の活動休止決断に「ビックリ」もエール「頑張って欲しい」

[ 2019年2月9日 17:14 ]

スパリゾートハワイアンズで、フラガールたちに囲まれながら笑顔を見せる稲垣吾郎
Photo By スポニチ

 俳優の稲垣吾郎(45)が9日、福島・いわき市のレジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」で主演映画「半世界」(阪本順治監督、15日公開)の公開直前イベントを行い、2020年で活動休止するジャニーズ事務所時代の後輩「嵐」にエールを送った。

 立ち去り際に報道陣から質問が飛ぶと、「最初はビックリしましたが、5人でお決めになったことだと思うので頑張って欲しいし、見守っていきたい」と激励し後輩の決断を後押しした。元SMAPのメンバーが嵐の活動休止について言及するのは初となった。

 また、自身が出演したオムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」でメガホンを執った園子温監督(57)が7日に心筋梗塞を発症し緊急手術を受けたことについては「1日も早く回復して欲しい。また一緒にお仕事をさせていただけたら」と語った。

 映画は、39歳という人生の折り返し地点に到達した3人の男たちの友情を描く物語。稲垣が同所のキャンペーンキャラクターを務める縁で今回のイベントが実現した。「僕自身も環境が変わって自分の人生のスタートというタイミングでこの映画に出会った。また新しい道を開いてくれる作品になった」と自身をのぞかせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月9日のニュース