ジャルジャル後藤 スカイダイビング直前に署名した誓約書に恐怖「よく読んだら…」

[ 2019年2月9日 10:53 ]

お笑いコンビ「ジャルジャル」の後藤淳平
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ジャルジャル」の後藤淳平(34)と福徳秀介(35)が8日放送のテレビ朝日のバラエティー番組「金曜 ロンドンハーツ2時間SP」(金曜後8・00)に出演。後藤が企画で挑戦したスカイダイビングの直前に「いかつい誓約書」への署名を求められたことを明かした。

 この日の放送では、M―1グランプリ2018のファイナリストがスタジオに集結。それぞれにドッキリを仕掛けて、最も面白かったドッキリVTRを決めるという企画で、ジャルジャルはドッキリの一環として、上空4000メートルからのスカイダイビングに挑戦した。

 「僕は本当にダメで所属事務所にもスカイダイビングNG出しています」と話す福徳の代わりに結局1人でスカイダイビングした後藤だったが、VTRを見終えると「スカイダイビング会社の誓約書みたいなの書くじゃないですか。それはいいですよ」と切り出し、「飛行機乗る直前にADさんみたいな人が紙を持って来て『一応、これにも名前を書いといてください』って言うから、よく読んでみたら『何があっても番組側には請求は行いません』って。これが一番怖いやつやん」と苦笑い。「直前に『名前だけ書いといてください』って言って、いかつい誓約書書かすやんと思った」と番組の裏側を暴露し、笑いに変えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月9日のニュース