「が〜まるちょば」ケッチ!3月末で脱退、4月に欧州移住 HIRO-PON「看板をひとりで担う事に」

[ 2019年2月9日 14:18 ]

「がーまるちょば」のケッチ!(左)とHIRO−PON
Photo By スポニチ

 サイレントコメディー・デュオ「が〜まるちょば」のケッチ!(年齢非公表)が9日、ことし3月末日をもって脱退することを発表した。

 「が〜まるちょば」はHIRO−PON(年齢期公表)とケッチ!で1999年に結成。サイレントコメディー・デュオとして日本国内のみながら、世界各国で多くの公演を行ってきた。

 今後はHIRO−PONが“新生が〜まるちょば”として一人で活動していくことになる。「関係者、ファンの皆さまにはご心配をおかけしますが、引き続き、応援して頂けますようお願い申し上げます」としている。

 ケッチ!は「この度、私、ケッチ!(赤モヒカン)は2019年3月でが〜まるちょばを脱退することにしました。パントマイム以外にやってみたいことがいくつかありまして、4月からヨーロッパ移住を決めました」と4月以降に欧州に移住することを告白。「子供のように好奇心旺盛に、いろんなことを吸収しつつ、感じるままに動こうと思っています。今後、パフォーマンスを続けていくのか、帰国がいつになるのかさえ、今は未定です」と前を向き、「情報発信としてツイッターは続けるつもりですので、ご興味あればのぞいてみてください。これまで支えてくれたみなさん、心から感謝したします。本当に本当にありがとうございました」と感謝をつづった。

 4月以降、一人で活動することになるHIRO−PONは「『が〜まるちょば』の看板を4月からひとりで担う事になりました。今まで以上にサイレントコメディー、そしてパントマイムの可能性を探求し、その力を探求していきたいと思っています。ひとりになる『が〜まるちょば』を、これからも宜しくお願い致します」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月9日のニュース