大沢零次容疑者、処分保留で釈放 深々一礼「すみませんでした」

[ 2019年2月9日 05:50 ]

釈放され、報道陣に深々と頭を下げる大沢零次容疑者(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 20代の女性に暴行したとして先月29日に傷害容疑で逮捕された職業不詳の大沢零次容疑者(22)が8日、東京都の警視庁北沢署から処分保留で釈放された。大沢容疑者は、俳優の大沢樹生(49)と元妻で元女優の喜多嶋舞さん(46)の長男で、その後、大沢の実子でないことが判明している。

 午前11時10分ごろに建物から姿を見せた大沢容疑者は「すみませんでした」と謝罪し、深々と一礼。報道陣からは「女性に対しては?」「今の気持ちは?」などの質問が飛んだが無言で、知人とみられる人物が用意した車に乗り込んだ。

 大沢の所属事務所は「本人から身元引受人になったなどの話は聞いておりません」と話した。

 弁護士の大沢孝征氏は「被害女性との間で示談が成立している可能性が高い。後日起訴されるのではないか」との見方を示した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月9日のニュース