八千草薫 がん闘病で治療に専念「今年に入りまして肝臓にも見つかり」 昨年1月すい臓がん手術

[ 2019年2月9日 08:22 ]

八千草薫が公式サイトで発表したコメント
Photo By スポニチ

 女優の八千草薫(88)が9日、昨年1月、すい臓がんの手術を受けたことと、今年に入って肝臓にもがんが見つかり、現在も闘病中であることを所属事務所の公式サイトで発表した。

 公式サイトには「八千草薫からお詫びとお知らせ」と題し、直筆署名の入ったコメントが掲載された。八千草は「一昨年の年末にすい臓に癌が見つかりまして、昨年1月に手術をいたしました」と告白。その後は順調に回復し、昨年は連続ドラマ、舞台への出演も果たしたが「今年に入りまして肝臓にも見つかり」と明かした。主治医との相談の結果、「この寒い季節と撮影期間の長い作品もありますので、今回は暫くお休みさせて頂き、治療に専念することと致しました」と報告した。

 8日には4月にスタートするテレビ朝日の帯ドラマ「やすらぎの刻〜道」(脚本・倉本聰氏)のヒロイン役を降板することが同局から発表されたばかり。同局は降板理由について「体調不良により、やむなく静養されることになった」と説明。八千草の所属事務所の関係者は「体調不良というのは事実だが、それ以上のことに関してはなるべく早く、事務所のホームページに本人のコメントとして出したい」としていた。

 コメント全文は以下の通り。

 こんにちは、八千草薫でございます。

 皆さまにお詫びとお知らせがございます。

 一昨年の年末にすい臓に癌が見つかりまして、昨年1月に手術をいたしました。術後は順調で去年は連続ドラマと舞台に出演させて頂きました。ところが今年に入りまして肝臓にも見つかり、主治医と相談しまして、この寒い季節と撮影期間の長い作品もありますので、今回は暫くお休みさせて頂き、治療に専念することと致しました。つきましては既に決まっておりました幾つかの仕事を降板、辞退または役降板をさせて頂きました。関係者の方々にはご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございませんでしたがご快諾を頂戴致しました。特に収録が間近に控えておりましたドラマの関係者の皆様には大変申し訳なく思っております。

 また番組を楽しみにして頂いておりましたファンの皆様には体調を整えまして、より一層楽しんで頂ける作品に参加出来るように帰って参ります。どうかお許し下さいませ。

 平成31年2月9日

 八千草薫

 株式会社 柊企画

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月9日のニュース