櫻井翔「嵐」活動休止発表後初の生出演 無責任では?質問振り返り「きちんとした思い伝えられた」

[ 2019年1月28日 23:07 ]

「嵐」櫻井翔
Photo By スポニチ

 2020年いっぱいで活動休止するアイドルグループ「嵐」の櫻井翔(37)が28日、月曜キャスターを務める日本テレビの報道番組「news zero」(月〜木曜後11・00、金曜後11・30)に生出演した。

 櫻井は活動休止発表後、初の生番組出演。番組冒頭で櫻井は「数えきれないほどの温かいコメントをいただいて胸がいっぱい」と感謝を語り、有働由美子キャスター(49)に「どこまでも聞いてください」と話してスタートした。

 会見前には、一致団結していこうと話し、コンサートを行う時のようにメンバー同士で握手して“よし行こう”という形で臨んだという。17年6月に「自由な生活がしたい」と打ち明けたリーダーの大野智(38)とはメンバー全員、あるいは1対1で何度も話し合い、解散もちらついたが何とかそれを回避して、納得するところに着地させなければならないと考えたことを明かした。

 会見であった「無責任では」という質問に関しては「(その質問を頂いたおかげで)2年かけて感謝の思い伝えるという、きちんとした思いの丈を温度を乗せて伝えてることができた」と冷静に振り返った。

 活動休止へ至った経緯については「決断は大変ではなかった。自分たちのことなので。リーダーである大野の思いを他の4人が受け入れたわけではなく、メンバーである大野の思いを5人全員で一つの着地点にたどり着けたという感じが正確なニュアンス。リーダーの鶴の一声で決まったわけではない」と話し合いを重ねての結論を強調した。

 櫻井は2006年から同番組に出演。ニュースキャスターとして地道にキャリアを重ねて来た大切な番組で何を語るか注目されていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年1月28日のニュース