嵐 来年末で活動休止、大野脱退直訴も解散回避 結成20周年に衝撃

[ 2019年1月28日 05:30 ]

会見する嵐の(左から)相葉雅紀、松本潤、大野智、櫻井翔、二宮和也(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 国民的アイドルグループ「嵐」が2020年いっぱいで活動休止することを27日、発表した。期間は無期限。リーダーの大野智(38)が脱退の意向を示し、メンバー5人で話し合いを重ねた結果、グループ活動休止の結論に至った。この日夜にはそろって会見も行った5人。結成20周年となる人気絶頂のグループの電撃発表に衝撃が走った。

 午後8時から都内で急きょ開かれた会見で大野は「2017年6月中旬ごろ、大阪での仕事が終わった後にメンバー4人にホテルの部屋に集まってもらって“いったん活動を終えたい”と気持ちを打ち明けた」と説明。その後「5人で何度も話し合った」と明かし、昨年6月に2020年で嵐の活動を休止することで一致した。

 大野は休業の理由を「一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたい」と説明。具体的にしたいことは「決まっていない」としながら「この世界に入って経験してない、普通の生活での景色を見てみたい」と話した。

 当初は「数年休みたいなんて都合のいい話はない。辞めなくてはケジメがつかないと思っていた」と、ジャニーズ事務所退社の意思を固めていたと告白。約1年間、メンバー4人や事務所幹部の再三の説得を受けて「お言葉に甘えた」と翻意したことを明かした。テレビ局関係者は「大野さんは自分が抜けたとしても4人で嵐を続けてほしいと考えていたようですが、ほかの4人には“1人でも抜けたら嵐ではない”との思いが強い。大野さんの決断次第では解散の可能性もあった」と語る。

 2020年以降は個々の活動を行い、大野は「しばらくゆっくりしたい」と芸能活動を休止する。メンバーがそろって出演する冠番組のフジテレビ「VS嵐」と日本テレビ「嵐にしやがれ」は終了するとみられる。

 会見で5人はしばしば笑顔を見せ、質問にジョークも交え回答するなど努めて明るく振る舞った。松本潤(35)が「解散ではない」と明言したように、あくまで休止であることを強調。ただ、休止の期間は決めず無期限。活動再開の可能性については相葉雅紀(36)から「リーダーが同じ方向を向いたときは世界に嵐を巻き起こすということでいいんでしょうか」と確認された大野が「巻き起こしときますか」と答えたが、具体的には「何も決まっていない」と語るにとどめた。

 活動休止はこの日午後5時にファンクラブ向けサイトに動画がアップされ、突然発表された。二宮和也(35)は「混乱させて、困惑させて、不安にさせて、ごめんなさい」とファンに謝罪。櫻井翔(37)は活動休止まで約2年というタイミングでの発表になった理由について「しっかり時間をかけてたくさんの方に感謝を伝えたかった」と説明した。5人があと2年をどう駆け抜けていくか、注目が集まる。

 ▽嵐 1999年9月、米ハワイで結成を発表。同11月「A・RA・SHI」でCDデビュー。ヒット曲に「Love so sweet」「Happiness」「GUTS!」など。09年から昨年までNHK紅白歌合戦に10年連続出場。10年からは5年連続で白組司会を担当した。オリコンチャートのシングル1位獲得数は52作で歴代1位。グループ名は「世界中に嵐を巻き起こす」の意味があり、五十音で「あ」、アルファベットでは「A」で、ともに最初の文字であることから「頂点に立つ」の意味もある。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月28日のニュース