元J1神戸の近藤岳登、R―1で3回戦進出!お題「Jリーガー詐欺師」も自己採点50点

[ 2019年1月20日 20:51 ]

R−1初挑戦ながら見事3回戦に進んだ元Jリーガーの近藤岳登
Photo By スポニチ

 元J1ヴィッセル神戸のDF近藤岳登(37)が20日、大阪市内で行われたピン芸人日本一決定戦「R―1ぐらんぷり2019」の2回戦に出場。1回戦の“続編”とも言えるJリーガーネタで3回戦に駒を進めた。

 近藤はフリップを使い「Jリーガー詐欺師」というお題でトーク。選手から試合に招待され、関係者入り口から入場できたとしても「他にいっぱい、そんな女性はいますから」などと暴露し笑いを誘った。

 近藤は1回戦でも「合コンで女性がJリーガーに引っかからない心構え」と題し、選手の年俸事情などを明かしていた。初戦の後「LINEがめちゃめちゃ来ました」と想像以上の反響にびっくりしたという近藤。チームメートでもあった元日本代表でジュビロ磐田のFW大久保嘉人(36)からも「しっかり名前売っとけ」と激励メールが来たそうだが「ほぼバカにしている内容でしたね」(近藤)。

 この日はネタが途中で飛び「デキは50点もなかった」と厳しかったが、他にはないネタと軽妙なトークで2回戦突破。「これからも変なサッカー選手から女性を守りたい」と妙な正義感をにじませ、鼻息も荒かった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月20日のニュース