インパルス堤下 また電車移動イジられた「毎回やりますね。いつもありがとうございます」

[ 2019年1月20日 18:05 ]

「関東住みます芸人 就任会見」に出席した「インパルス」の堤下敦
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦(41)が20日、都内で行われた「関東住みます芸人 就任会見」に出席した。

 神奈川県の住みます芸人に就任した堤下は、同県に実家があり、大学も県内で「神奈川にお世話になってきたので、頂いたものをお返ししたい」と意気込みを語った。

 「こりゃめでてーな」の大江健次(39)は埼玉県出身だが、相方の伊藤こう大(37)は東京都出身。コンビが揃って埼玉の住みます芸人に就任した。ところが「インパルス」は堤下が単独で神奈川県の住みます芸人に就任したことから、相方の板倉俊之(40)とまさかの不仲説が浮上?!「解散ってことはないんでしょうね」と記者から聞かれると「ありません」ときっぱり。さらに「ちなみきょうはここまで何で来ましたか?」と聞かれると「電車で来ました。毎回、これやりますね。いつもありがとうございます」と大きな声で答えた。堤下は2017年に自身が運転する車で2回事故を起こし、約1年の謹慎生活を経て、昨年10月から芸能活動を再開している。

 2011年に吉本興業グループは全国47都道府県に所属芸人を移住させ、各自治体、地方企業とともに新たな事業の創出と、笑いの力で地方の活性化を目的とした「エリアプロジェクト」を進めている。今回は堤下のほか、神奈川県にはチョッキGT5000、アルバトロスしん、埼玉には、こりゃめでてーな、カートヤング、北条ふとし、新潟県にはチカコホンマ、群馬県には岩瀬ガッツ、の合計8人が発表された。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月20日のニュース