元新潟県知事 NGT48問題を憂慮「もっとパブリックな運営を」

[ 2019年1月20日 12:35 ]

「NGT48」の山口真帆
Photo By スポニチ

 元新潟県知事の米山隆一氏(51)が20日、TBS系「サンデー・ジャポン」(前9・54)に生出演。メンバーの山口真帆(23)が昨年12月に男性2人から受けた暴行事件に揺れる地元のアイドルグループ「NGT48」について言及した。

 知事時代にNGT48公演を鑑賞したほか、あいさつを交わすなどグループと親交があったといい、当時キャプテンを務めた北原里英(27)が推しメンバーだったと明かした米山氏。

 新潟市の食品メーカーがCM放映を中止するなど地元にも影響が広がり、花角英世県知事が会見で「悪いイメージを払拭して、正常な状態に戻してほしい」と語っていたが、この知事の発言については「異例ではない」とコメント。また、「(地域アイドルは)地方だとすごくパブリックな存在」だとし、その上で「(視聴者やファンは)パブリックだと思っているのに、運営側がプライベートとして運営していたと思う。だからある種変なファンが放置されている。もうちょっとプライベートからパブリックになってきて欲しいと思う」と地元の人たちの思いを代弁した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月20日のニュース