長嶋一茂 稀勢の里は「引き際間違った」引退時期で持論「去年辞めるべき」

[ 2019年1月20日 13:21 ]

タレントの長嶋一茂
Photo By スポニチ

 野球解説者でタレントの長嶋一茂(52)が20日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。大相撲の元横綱・稀勢の里(32)の引退時期について私見を語った。

 けがで8場所連続休場し、進退がかかった初場所では初日から3連敗を喫して、16日に引退を表明した。長嶋は「引き際を間違った感じもあります、正直言うと」と、この時期の決断について持論。「横綱は“大丈夫か?大丈夫か?”って見るものじゃない。絶対的に強いから横綱。常に勝ちを求められて期待に応えられなかったら辞めないといけない」と最高位だからこそ求められるものが大きいとした。

 その上で、進退については「去年辞めるべきだったと思います」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月20日のニュース