藤井七段 連覇への“勝負メシ”はジャンボ海老フライ

[ 2019年1月20日 12:45 ]

朝日杯将棋本戦トーナメント、藤井聡太七段の昼食は会場になっているポートメッセなごや内の食堂「東山ガーデン」の「ジャンボ海老フライ定食」の“スペシャルバージョン”。大ぶりの海老フライ2本、きしめん、手羽先2本など愛知色たっぷり
Photo By スポニチ

 名古屋市内で行われている朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメントに登場した将棋の最年少プロ棋士・藤井聡太七段(16)。午前中の1回戦終了後に出された、大会連覇を目指すための勝負メシは、会場になっているポートメッセなごや内の食堂「東山ガーデン」の「ジャンボ海老フライセット」(1500円)の“スペシャルバージョン”。特大エビフライ2本にきしめん、ご飯、小鉢などがついた定番の定食に、特別に手羽先2本をプラス。地元・愛知色たっぷりのメニューで午後2時からの2回戦へ向けて英気を養った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年1月20日のニュース