201センチ、屈指の長身芸人・阿見201が大河「いだてん」出演!伝説の柔道家・徳三宝役「えっ?」

[ 2019年1月20日 06:00 ]

大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」で伝説の柔道家・徳三宝役を演じる阿見201(C)NHK
Photo By 提供写真

 身長201センチと、お笑い界屈指の長身を誇るピン芸人・阿見201(39)がNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(日曜後8・00)に第3話(20日放送)から出演することが分かった。その体格を生かし、伝説の柔道家・徳三宝(とく・さんぽう)役に抜擢。2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」のレギュラーエキストラから“昇格”し「とにかく、うれしかったです」と笑顔。今月18日に公開された映画「刀剣乱舞」(監督耶雲哉治)にも出演しており“異色の巨漢俳優”としても話題を呼びそうだ。

 大河ドラマ58作目。13年前期の連続テレビ小説「あまちゃん」で社会現象を巻き起こした脚本家の宮藤官九郎氏(48)が大河脚本に初挑戦。オリジナル作品を手掛ける。20年の東京五輪を控え、テーマは「“東京”と“オリンピック”」。日本が五輪に初参加した1912年のストックホルム大会から64年の東京五輪まで、日本の激動の半世紀を描く。

 歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)と俳優の阿部サダヲ(48)がダブル主演。勘九郎は「日本のマラソンの父」と称され、ストックホルム大会に日本人として五輪に初参加した金栗四三(かなくり・しそう)、阿部は水泳の前畑秀子らを見いだした名伯楽で64年の東京大会招致の立役者となった新聞記者・田畑政治(まさじ)を演じる。

 徳三宝は1887年(明20)、鹿児島県生まれ。1906年、嘉納治五郎が興した講道館に入門し、当時最強を誇った。前半の主人公・金栗にとっては、東京高等師範学校の1年先輩にあたる。NHKは「徳三宝は先輩として金栗を温かく見守り、応援する人物。阿見さんは見事な体格を持つだけでなく、優しい眼差しや繊細なお芝居が魅力的で、そこに演出家が惚れ込み、キャスティングしました」と起用理由を説明した。

 阿見は04〜14年、お笑いコンビ「デコボコ団」として活動。15年1月、ピン芸人になった。芸名は身長に由来。日本テレビ「ろくでなしBLUES」、NHK「初恋芸人」、映画「走れ!T校バスケット部」など俳優としても活躍している。

 コンビ解散から3年、俳優部に正式に移って1年目、「大河ドラマがずっと大好きで、どんな役でもいいから」と17年の大河「おんな城主 直虎」のレギュラーエキストラに決定。「カメラに映り込もうと必死にポジショニング探したり、マイクはなくても大声でしゃべれば、もしや!?と声を張り上げたりしましたが、当然なかなか難しい結果でした。とはいえ、実際に大河ドラマに関わることができて、本当に素晴らしい環境だったので、改めて『また大河ドラマに出たいです!』とマネジャーに伝えた1年後に、いきなり今回の話を頂いたので『えっ?ウソですよね?』『えっ?急すぎません?』となりました。とにかく、うれしかったです」と大喜び。ただ、その後は「しばらくしてNHKの入講証を作るから証明写真を送ることになり『そうか、大河ドラマなんだ!』と急にプレッシャーを感じて、証明写真は顔がこわばってしまい、何度か撮り直してしまいました」と苦笑いした。

 役柄については「徳さんの試合は、徳さんだけ膝がついただけでも一本負けするという『膝つき一本』という特別ルールがあったそうです。そして稽古の鬼。大会に出ると、会場は大盛り上がり。逸話の数々からすると、とにかく武骨で破天荒。ただ、写真を見ると、ただの暴れ者にはとてもできない優しそうな目をしておられました」と解釈。「なので、行動する時はとにかく強引に豪快にしつつも、受け答えする時は横柄な言葉の中にも、しっかり気持ちを込めて感情を顔に出してみようと思いました。本当の徳三宝さんとは違うかもしれませんが、これが僕なりに考えて演じてみた『僕三宝』です」と役作りの工夫を明かした。

 背負い投げをされるシーンがあり、撮影の2カ月前から講道館(東京都文京区)で練習に参加。「最新の超ハイテクな環境で、中でも畳がものすごく、バネが入っているのか、転んでも転んでも全く痛くなく、受け身から組み手から練習がはかどりました。そして迎えた本番。セットには普通の畳もなく、硬く冷た〜い板の間。そうか、明治時代だったのを忘れてました。しかもビビればビビるほど、投げられ方が悪くNGに。この痛みを感じてきた先人たちが、あの最高の畳を作ったのか。柔道の歴史を肌で感じることができた貴重な瞬間でした」と撮影秘話を語った。

 また、寝技の補強運動「逆エビ」をし続けるところを、金栗役の勘九郎がのぞくシーン。「勘九郎さんがずっと素晴らしい演技をしているのか、カメラが止まらず、予定よりも何往復もさせられて、腹筋はズタズタ、息切れの向こう側に。カットかかった時、すぐに勘九郎さんに詰め寄りました。 心の底から『金栗〜っ!!』ってなりました」と笑いを誘い、振り返った。

 第8話(2月24日放送)まで登場予定。身長201センチ、体重120キロの体躯も手伝い、インパクトを残しそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月20日のニュース