「桃太郎電鉄」さくまあきら氏 手術終了、明日退院へ 1日に亜急性心筋梗塞で救急搬送

[ 2019年1月17日 22:19 ]

2008年、ゲームソフト「桃太郎電鉄」20周年記念新タイトル発表会に出席したゲーム監督、さくまあきら氏
Photo By スポニチ

 「週刊少年ジャンプ」の読者投稿コーナー「ジャンプ放送局」の構成や、「桃太郎電鉄」シリーズを手掛けるゲームライターさくまあきら氏(66)が16日に手術を受けたことが分かった。さくま氏は今年1月1日、亜急性心筋梗塞のため救急搬送された。

 16日にさくま氏の家族がツイッターを更新。「2時間半ほどのカテーテル治療が終わって、さくまはウトウトしています」と報告し、「治療後の動画も見せてもらいましたが、血管の太さも確保され、しっかり流れていました。ありがとうございましたー」と術後の状況を説明した。

 17日午後7時すぎの更新では「明日金曜日、どうやら退院らしい」と18日に退院予定であると明かしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年1月17日のニュース