ASKAの車内映像提供 タクシー会社に損害賠償命じる

[ 2019年1月17日 05:30 ]

歌手のASKA
Photo By スポニチ

 歌手のASKA(60)が、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕される直前の車内の映像を、タクシー会社がテレビ局4社に提供したのはプライバシーの侵害だとして損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は16日、220万円の支払いを命じた。ASKAは、撮影された2016年11月28日に逮捕されたが、同年12月19日に嫌疑不十分で不起訴処分となった。

 タクシー会社は映像の提供には公益性があると主張したが、吉村真幸裁判長は逮捕容疑と関係のない車内の言動を伝えることは公正・公平な報道に資するとは言えず、公益性はなかったと判断した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年1月17日のニュース