「ラッキーガール2019」でNGT勢上位ランクイン、ネット上には「当てにならない」の声

[ 2019年1月17日 12:01 ]

NGT48の荻野由佳
Photo By スポニチ

 NGT48の荻野由佳(19)が15日深夜放送の日本テレビ「AKBINGO!」(火曜深夜0・59)に出演。新春恒例企画の「ラッキーガールランキング2019」で2位となり、騒動に揺れるNGT48からのランクインが話題となっている。

 手相芸人の島田秀平(41)の手相診断をもとに、AKB48グループの正規メンバー280人の中で、その年の運勢を占う毎年恒例の企画。この日の放送は前回に続く後半分として上位75位以上、下位226位以下が発表された。

 1位はNMB48の山本彩加(16)が入り、2位に荻野がランクイン。島田は荻野について「タレント線がめちゃくちゃ長い。二重運命線があって、人の2倍の活躍ができるスーパーウーマンの線。キング・オブ・アイドルの素質が十分なのではないか」と絶賛。荻野も「やった!」と喜び、「ありがとうございます!」と島田の言葉に笑顔を見せた。

 トップ10以内には、NGTから4位の山田野絵(19)、6位の中井りか(21)も入った。

 なお、最下位はHKT48の田中美久(17)。発表前から「HKTにとっても今年が一番大事な時期だから1位がいい」と涙目になっていた田中だったが、まさかの最下位に「もう信じられないです…」と涙。島田は「ガラスのハート線でいろんなことが気にかかっている。お助け十字線があって、今、心が弱ってきている状態。さらに、生命線が切れていて、怪我とかそういうものにも注意!なんて線なんです。不平不満もあからさまに顔に出やすくなるので、そうすると評価が駄々下がりしてしまう」と厳しい診断。メンバーの松岡はな(18)は「最下位ってある意味持ってると思う。こんな多い人数の中に、私たちも支えて頑張りたい」とエールを送った。

 NGT48は山口真帆(23)が昨年12月にファンの男2人から暴行を受けた事件をめぐる騒動に揺れている。メンバーもツイッターなどでコメントを出すなど、騒動は収まる気配を見せない中での今回のランキング発表。ネット上では「手相占いが当てにならないというのが良く分かった」「みんなが体調不良だってのに…」「今年のランキングは全く信用に値しない」などと厳しい声が出ている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年1月17日のニュース