乃木坂がV2「日本レコード大賞」16・7% 平成最後&60回目 5年ぶり16%超

[ 2019年1月2日 12:24 ]

<日本レコード大賞>「シンクロニシティ」を披露する乃木坂46(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 昨年12月30日に放送されたTBS「第60回輝く!日本レコード大賞」(後7・00)の平均視聴率が16・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが2日、分かった。

 平成最後、60回目の節目に高視聴率。16%以上は2013年の17・6%以来5年ぶり。

 今回の大賞は乃木坂46の「シンクロニシティ」で、昨年の「インフルエンサー」に続く2年連続受賞。女性グループの連覇は11、12年のAKB48に続き史上2組目となり、公式ライバルに肩を並べた。最優秀新人賞は現役大学生の演歌歌手、辰巳ゆうと(20)が受賞した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年1月2日のニュース